バイアグラに関するニュース情報

 
以下はバイアグラに関するニュース情報です。 

 
◆バイアグラニュースNo1:

脳卒中治療薬としての可能性についてバイアグラを研究中

ある脳卒中患者がバイアグラを服用したところあきらかに効果が表れたため、デトロイトのある、バイアグラ、関連病院では、脳卒中患者の治療薬としてバイアグラが有効かどうかを調べるためにバイアグラ実験を開始しました。2003年にバイアグラを試した女性が脳卒中から奇跡的に回復したため、このバイアグラ、関連病院病院の関係者は、バイアグラの規制当局から、今後3か月にわたってさらに84人の患者に対しバイアグラを使った実験を行ってもよいとの許可を得ました。医師たちは、男性用の性的能力改善剤バイアグラが最初の患者に有効だったのか、その理由も分かっていませんし、はたして本当にバイアグラが有効だったのかどうかについてもいまだに疑問に思っています。
 

◆バイアグラニュースNo2:

標高の高いところでの運動にバイアグラが助けとなることが明らかに

勃起不全治療ED薬のバイアグラが、標高の高いところでの運動(例えばサイクリング)のスピードをある程度速める「バイアグラ」効果があることが証明されています。 アメリカ生理学会発行のバイアグラ医学誌「応用生理学」誌に発表されたバイアグラレポートによると、12,700フィート(約3810 メートル)の高度で、10人のサイクリストにバイアグラを投与したところ、プレシボバイアグラ投与群に比べ目的地まで15%も早い時間で到達したことがわかりました。この実験中バイアグラはまた、心臓からの血流を増やして心拍数を上昇させるとともに、動脈血酸素飽和度を効果的に調整することもわかりました。 このバイアグラテストにより研究者は、バイアグラを飲むことで大変な効果があらわれる人もいるが、そうでもない人もいることがわかりました。バイアグラにより改善がみられたサイクリストについては、スピードは最大で45%速くなりましたが、バイアグラに反応しなかった人では1%の改善しかみられませんでした。
 

◆バイアグラニュースNo3:

臨床実験で、バイアグラが時差ぼけの解消に「バイアグラ」効果証明される

アルゼンチンの国立大学、ブエノスアイレスの国立キルメス大学で行われたバイアグラ実験において、ファイザー製の勃起不全治療薬バイアグラを投与することで時差ぼけが治ることが明らかになりました。一般的に時差ぼけは、ある国から時差のある別の国に移動し、概日周期が乱れることが原因で起こり、症状としては、不眠症、集中力がなくなる、眠くなるなどがあります。  

バイアグラの実験

このバイアグラ実験ではまず、主要研究者のディエゴ・ゴロムベックと彼が率いるバイアグラ研究チームが夜、成人のハムスターの一部に勃起(ED)治療薬のバイアグラを、他のハムスターにプレセボを投与してから、明るい光を照らして強制的に目を覚まさせました。その後すぐ、バイアグラ投与のハムスターは、プレセボ投与のハムスターに比べ50%も早く時差ぼけから回復したことがわかりました。驚くべきことに、バイアグラを投与されたハムスターは、睡眠妨害による影響もなく、目が覚めてすぐに自然に走り回り始めたのです。

バイアグラがハムスターの時差ぼけを解消したというよい結果を得てバイアグラ研究者たちは、このバイアグラ薬を人間に使った場合でも同じ用にポジティブな結果が得られるのではないかという希望を持ちました。

またハムスターを使ったこのバイアグラ実験においてバイアグラは、東周りのフライトと同じ状態の明暗サイクルにおいて投与(バイアグラ)したときのみ、ハムスターの時差ぼけを解消することができるとわかりました。

次のページ: 革命的なED薬バイアグラとは?

バイアグラの購入はアイストアジャパンをお勧めします。